ヘルプセンター

  • 合計アクティビティ 316
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 163

記事

ヘルプセンターによる最近のアクティビティ 最近のアクティビティ 投票
  • 休み(AttendanceType2)の取り扱い

    勤怠実績が休み(AttendanceType=2)の場合、勤怠情報としては取り込まれますが、前払い可能額には反映されません。

  • 勤怠情報で扱う項目一覧

    Remoneでは、導入企業さまで勤める従業員さまの勤怠データを勤怠情報と呼んでいます。 従業員さまごとに勤怠情報に基づいて前払い申請可能額を計算しています。 EmployeeCode 従業員コード 可変長文字列 必須 WorkDate 勤務日 可変長文字列 yyyymmdd 必須 AttnedanceType 勤務タイプ 数値 1,出勤 2,休み 3,遅刻早退 4,有給 必須 WorkT...

  • 利用申込みステータスとは

    利用申込みステータスは以下がございます 申請中 申請はしているがメール認証が未完了な状態 申請中(メール認証済み) メール認証済みで情報の照合待ち Remoneユーザー登録済み Remoneユーザーとして振込ができる準備が整っている 照合失敗 照合項目失敗しているので、再度登録してもらう必要がございます

  • ゆうちょ銀行の口座情報登録について

    ゆうちょ銀行口座への振込は、振込用の店名・預金種目・口座番号が必要です。(現在のゆうちょ銀行口座番号(記号・番号)のままでは振り込むことができません。) 記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号を調べるには、以下ゆうちょ銀行のヘルプページをご確認ください。 https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/furikomi/kouza/kj_sk_...

  • 給与控除データとは?

    Remoneでは、前払い実績(前払い申請額+従業員負担サービス利用料)を給与控除データと呼んでいます。 給与計算される際に、給与控除データを用いて利用従業員の給与控除の反映をお願いいたします。 Remoneから取得いただく給与控除データは以下の項目が含まれます(サンプルファイルがダウンロードいただけます) 従業員コード 対象給与月 前払い申請額 サービス利用料 総控除額(前払い申請額+従業...

  • 給与控除データの項目名を変更したい

    ユーザー設定ページ内の前払い設定で雇用形態別に項目名が変更いただけます。 なお、文字コードはUTF-8、ファイル形式はCSVでの出力です。 科目数の変更などカスタマイズをご希望の方は直接担当者までご連絡ください。

  • ダウンロードした前払い実績をご利用中の給与システムに登録したい

    Remoneの前払い実績は控除データとして雇用形態別にCSV形式でダウンロード頂けます。 ユーザー設定>前払い設定で雇用形態別に必要項目を選択/項目名を変更することで、ご利用中の給与システムにそのまま登録するようにカスタマイズいただけます。 なお、文字コードはUTF-8、ファイル形式はCSVでの出力です 参考: 給与控除データの項目名を変更したい

  • 従業員登録の流れ

    以下のステップで、従業員登録が行われます。 企業担当者さま:雇用形態ルールを管理画面上で設定する 企業担当者さま:必要な従業員情報をすべてRemoneに登録する (自動送信):登録メールアドレス宛に、ご案内メールが送信される 従業員さま:アプリをDLし、ご案内メール記載情報でログインする 従業員さま:ログイン後に口座・利用規約の確認を行い登録完了です なお、事前利用申込みフローを使う場合...

  • Remone導入までのステップ

    導入希望及びご検討中の企業担当者さまは、問合せフォームより必要情報を入力ください。 最短で1週間、通常でも1ヶ月程度で福利厚生制度として従業員さまにご案内いただけます。 サービスのご説明 ご契約 運用方法のご相談・ご提案 アカウント発行・設定 従業員さまへのご案内 運用も簡単、勤怠・従業員情報を連携し、毎月の給与計算時に天引きしていただくのみです。 詳細は別途ご説明資料をお送りいたします...

  • Remone導入に初期・月額費用はかかりますか?

    導入する企業さまからは一切の費用をいただいておりません。初期費用・月額の運用費用ともにゼロです。 利用する従業員さまからは前払いする申請金額に応じてサービス利用料を頂いております。サービス利用料は業界最安水準で、別途振込手数料がかかることもありません。 なお、従業員さまのサービス利用料の一部または全部を企業さまが負担する運用も可能です。担当にお問い合わせください。